コマンドプロンプトの起動

「スタート」→「プログラム」→「アクセサリ」→「コマンドプロンプト」

  もしくは

「ファイル名を指定して実行」に「cmd」と入力し、「OK」を押下

ファイル名を指定して実行.JPG


「ファイル名を指定して実行」を開くには

 「スタート」→「ファイル名を指定して実行」

   もしくは

 [Windows]+[R]

コマンドプロンプトの終了

「exit」と入力し、[Enter]を押下

もしくは

右上の「×」を押下

コマンドプロンプトの終了

ファイル名やディレクトリの補完

WindowsXP、Windows2003ではデフォルトで有効で、[Tab]キーに割り当てられている。
(レジストリを変更することで他のキーへ割り当てることも可能

2000ではコマンド・プロンプト起動時に「/f:on」を有効にして起動する。

ファイル名やディレクトリの補完

このように起動することで、ファイル名、ディレクトリの補完機能に[Ctrl]+[F]、
ディレクトリの補完機能に[Ctrl]+[D]が割り当てられる。

また、XPでも「/f:on」を有効にして起動すると、[Tab]ではなく、

[Ctrl]+[F]、[Ctrl]+[D]に割り当てられる。

コマンド入出力をリダイレクトする

通常、コマンドプロンプトでは、入力をキーボードから受け取って、出力を画面に送ります。

リダイレクト演算子を使うことによって、既定の場所から別の場所にコマンドの入出力をリダイレクトすることができます。

リダイレクト
演算子
説明
> ファイルまたはデバイスにコマンドの出力を書き込みます。
>> 既存のファイルの情報を削除しないで、ファイルの最後にコマンドの出力を追加します。
| コマンドからの出力を別のコマンドの入力に書き込みます。
パイプとも呼ばれます。
< コマンドの入力を、キーボードからの入力の代わりに、ファイルから読み取ります。
>& あるハンドルからの出力を別のハンドルの入力に書き込みます。
<& あるハンドルからの入力を読み取り、別のハンドルの出力に書き込みます。

コマンドの履歴を表示

[F7]キー 履歴の一覧を表示

[↑]、[↓]で履歴を表示

[F8]履歴を表示 補完も可能

[Alt]+[F7]キーで履歴の消去

F7-履歴の一覧を表示

コマンドプロンプトの編集機能

キー 機能
[←] カーソルを1つ左へ移動
[→] カーソルを1つ右へ移動。
空行の時は、直前の行のカーソル位置から1文字だけ呼び出して、カーソルを1つ右へ移動
[Ctrl]+[←] 語単位でカーソルを右へ移動
[Ctrl]+[→] 語単位でカーソルを左へ移動
[↑] コマンド履歴を逆順に表示(先頭に到達するまで)
[↓] コマンド履歴を順番に表示(最後に到達するまで)
[Backspace] カーソル左側の文字を1文字だけ削除して、カーソルを1つ左へ移動
[Insert] 上書きモードと挿入モードの切り替え
[Delete] カーソル位置の文字を1文字だけ削除
[Home] カーソルを行の先頭へ移動
[End] カーソルを行末へ移動
[Ctrl]+[Home] 行の先頭からカーソル位置までを削除
[Ctrl]+[End] カーソル位置から行末までを削除
[PageUp] コマンド履歴の先頭のものを表示
[PageDown] コマンド履歴の最後のものを表示
[Esc] 入力をすべてキャンセルしてカーソルを先頭へ移動
[F1] [→]キーと同じ
[F2] 指定した文字([F2]キーに続いて入力する)の直前までコピー
[F3] 直前の行をすべてコピーして、カーソルを行末へ移動
[F4] カーソル位置から指定した文字([F4]キーに続いて入力する)の直前までを削除
[F5] [↑]キーと同じ
[F6] EOF(Control-Z)を入力
[F7] コマンド履歴ウィンドウをポップアップ表示する。
[↑]、[↓]キーでコマンド履歴を選択して、[←]、[→]キーを押すとそのコマンドが入力され、リターン キーを押すとそのコマンドが入力、実行される
[F8] カーソルが行の先頭にあるときは、全コマンド履歴を順番に表示する。
コマンド履歴からカーソルの左側部分に一致するものを選び、順番に表示する。
[F9] 指定した履歴番号のコマンドを入力。
番号を入力してからリターン キーを押すとコマンドが入力される

フォルダやファイルを指定するには

ディレクトリ.JPG
:(コロン・・・ドライブを表す
¥・・・ディレクトリを表す
C:¥ ・・・Cドライブのルートディレクトリ

ルートディクトリ
ドライブの基本となるべき一番上位に位置するディレクトリ

カレントディレクトリ
現在自分がいるディレクトリのこと。
コマンドプロンプトで>の左側に表示される。
また、引数なしで「cd」コマンドを実行しても表示される。

相対パス
カレントディレクトリを起点として、指定したいディレクトリ(フォルダ)・ファイルの位置を指定する。
abc¥def¥test.txt

絶対パス(フルパス)
ルートディレクトリを出発点として、指定したいディレクトリ(フォルダ)・ファイルの位置をすべて記入する。
C:¥abc¥def¥test.log
カレントディレクトリがCドライブのルートであれば、
「abc¥def¥test.txt」 と 「C:¥abc¥def¥test.log」 は同じファイルを指す。

パスの指定
フォルダやファイル名に空白を使用しているときは、二重引用符(")でパスを囲む必要がある。
"Program Files" など

カレントディレクトリを変更するには
カレントディレクトリを変更するには「cd」コマンドを使用する。
ディレクトリの指定は絶対パス、相対パスどちらでも大丈夫

カレントドライブを変更するには
「ドライブ文字」+「:」で移動できる。
Dドライブへ移動するには
「D:」と入力し、[Enter]で移動る。

カレント・ドライブ/ディレクトリを変更するには
「cd」の「/d」オプションを使用する。
現在のカレントドライブがCドライブで、Dドライブのdefフォルダへ移動するには以下のようにする。
cd /d d:¥abc

カレントディレクトリはドライブごとに固有
Cドライブにフォルダabc、Dドライブにフォルダdefがあったとして、カレントディレクトリが「C:¥abc」のときに「cd d:¥def」としても表示されるカレントディレクトリは「C:¥abc」のままになる。
これはDドライブのカレントディレクトリが変更されたためになる。
この状態で「D:」としてカレントドライブを移動してあげると、カレントディレクトリが「d:¥def」と表示される。
カレントディレクトリが「C:¥abc」の状態で、「cd d:¥def」とし、「copy test.txt d:」とすると「C:\abc」の「test.txt」が「D:¥def」にコピーされる。
「copy C:\abc\test.txt D:¥def」を実行するのと同じことになる。
「dir d:」とすれば「D:¥def」のファイル一覧が表示される。

ネットワーク上の共有フォルダを指定するには
¥¥ホスト名¥共有名¥パス と指定する

ワイルドカード
* 任意の複数文字を指定
? 任意の一文字を指定
*.txt・・・拡張子がtxt(テキストファイル)すべて
ab??.txt・・・ファイル名がabで始まる4文字のテキストファイル

日本語を入力するには
[Alt]+[半角/全角]で日本語入力できる。
右下に「全あ連ローマ」と表示される。
もう一度[Alt]+[半角/全角]で解除でき、右下の表示も消える。

任意のフォルダでコマンドプロンプトを開く

レジストリにキーを追加することで、フォルダを右クリックした際にコマンドプロンプトが表示されるようになる。

コマンドプロンプト.JPG

1、レジストリエディタを起動する。

「ファイル名を指定して実行」に「regedit」と入力し、「OK」ボタンをクリックする。

2、キーを追加する。

以下のキーまで移動する。

HKEY_CLASSES_ROOT\Directory\shell

「shell」を右クリックして「新規」−「キー」を選んで「cmd」キーを作成する。

「cmd」を選んだ際に右のペインに表示される「(既定)」をダブルクリックして、

値のデータに「コマンドプロンプト」と入力し、「OK」ボタンをクリックする。
(メニューに表示される項目名)

さらに、「cmd」を右クリックし、「新規」−「キー」を選んで「command」キーを作成する。

これを選んだ際に右のペインに表示される「(既定)」をダブルクリックして、

値のデータに「cmd.exe /k "cd %l"」と入力し、「OK」ボタンをクリックする

cmd.JPG

コマンド一覧:アルファベット順

A| |B| |C| |D| |E| |F| |G| |H| |I| |J| |K| |L| |M| |N
O| |P| |Q| |R| |S| |T| |U| |V| |W| |X| |Y| |Z|

A
コマンド名称 内容
append 指定したフォルダのデータ ファイルが現在のフォルダにあるかのように、プログラムを開けるようにします。
arp ネットワーク内のIPアドレス物理アドレスの対応を追加・削除・表示する
assoc 拡張子とファイルの関連を表示する
at 指定日時にプログラムを実行する
attrib ファイル・ディレクトリの属性を表示する

B
コマンド名称 内容
bootcfg boot.iniファイルを編集する

C
コマンド名称 内容
cacls アクセス権の設定・表示をする
call バッチ・ファイルの呼び出し
cd カレントディレクトリを変更する
chcp 現在の活動コード・ページ番号を表示・設定します
chkdsk ディスクの検査をする
chkntfs 起動時にドライブチェックを行う
cipher ファイルの暗号化を行う
cls 画面をクリアする
cmd 別プロセスでコマンドプログラムを起動する
color 背景色と文字色を変更する
comp 2ファイルの比較する
compact ファイルを圧縮・解凍する
convert ファイルシステムをFATからNTFSに変更する
copy ファイル・ディレクトリをコピーする

D
コマンド名称 内容
date 日付の設定・表示をする
defrag ファイルの断片化の解消をする
del ファイルを削除する
dir ファイル・ディレクトリを一覧表示する
diskcomp 2枚のフロッピーディスクを比較する
diskcopy フロッピーディスクをコピーする
diskpart ディスクの管理機能を操作する
doskey コマンド ラインの編集、コマンドの再呼び出し、マクロの作成を行う
driverquery デバイスドライバの一覧を表示する

E
コマンド名称 内容
echo エコー機能を有効または無効にするか、メッセージを表示する
endlocal バッチ ファイルでの環境変数のローカライズを終了する
eventcreate 管理者が指定されたイベント ログにカスタム イベントを作成する
eventtriggers イベント トリガを表示および構成する
exit コマンドプロンプトを終了する
expand COMPRESS、CABフォーマットファイルを展開する

F
コマンド名称 内容
fc 2ファイルを比較する
find ファイル内の文字列を検索する
findstr ファイル内の文字列または正規表現の文字列を検索する
format ディスクをフォーマットする
fsutil ファイルシステムユーティリティを利用する
ftp FTPサーバを利用して、ファイルをリモート操作する
ftype ファイルタイプに対して自動起動するソフトを設定する

G
コマンド名称 内容
getmac MACアドレスを表示する
goto ラベルで識別される行に制御を移す
gpupdate セキュリティ設定を含む、グループ ポリシー設定を更新する
graftabl グラフィックモードの文字の使用言語を設定する

H
コマンド名称 内容
help コマンドの詳細情報を表示する
hostname コンピュータ名を表示する

I
コマンド名称 内容
if バッチ プログラムで条件付き処理を実行する
ipconfig IPアドレスの情報を表示する

L
コマンド名称 内容
label ボリュームラベルを操作する
lodctr パフォーマンス カウンタ名と説明のテキストを登録する
logman パフォーマンス カウンタおよびイベント トレース ログを管理およびスケジュールする

M
コマンド名称 内容
mem メモリの割り当て情報を表示する
mkdir 新規にディレクトリを作成する
mmc 管理コンソール (MMC) を開く
more 1画面ごとにファイルの内容を表示する
mountvol ボリュームマウントポイントの操作をする
move ファイルを移動する

N
コマンド名称 内容
nbtstat NetBIOS over TCP/IP情報を表示する
net ネットワークの設定を行う
netstat ネットワークの接続に関する情報を表示する
nslookup ネームサーバからDNSの情報を取得、表示する
ntbackup バックアップ操作を実行する

O
コマンド名称 内容
openfiles 開いているファイルを照会、表示、または切断する

P
コマンド名称 内容
path 環境変数 PATH 内にコマンド パスを設定する
pathping 指定先までのネットーワークの所要時間を算出する
pause バッチ プログラムの処理を一時中断する
ping 指定先との接続状態を確認する
popd pushdで保存した最後のディレクトリにカレントを変更する
print ファイルの内容を印刷する
prompt プロンプトの表示方法を設定する
pushd 切り替え前のディレクトリをスタックにプッシュする

R
コマンド名称 内容
recover 読み取り可能データを回復する
reg レジストリを編集する
relog パフォーマンス カウンタをパフォーマンス カウンタ ログから抽出する
rem コメント (注釈) をバッチ ファイルに追加する
rename ファイル・ディレクトリ名を変更する
replace タイムスタンプ比較で更新する
rmdir 空のディレクトリを削除する
route ルーティングテーブルの表示・変更を行う
rsh RSH サービスを実行しているリモート コンピュータでコマンドを実行する
runas ログオン中のユーザとは別のユーザでプログラムを実行する

S
コマンド名称 内容
sc サービスに関する制御情報を取得および設定をする
schtasks スケジュールのタスクの追加と削除、要求時のタスクの開始と停止、およびタスクの表示と変更を行う
secedit システム セキュリティを構成および分析をする
set 環境変数に値をセットする
setlocal バッチ ファイル内の環境変数のローカライズを開始する
shift バッチ ファイルでバッチ パラメータの位置を変更する
sfc システムファイル保護機能を使用する
shutdown シャットダウン、リブート、ログオフを行う
sort テキストの内容を並び替える
start プログラムを実行する
subst 仮想ドライブとして使用する
systeminfo システム情報を表示する

T
コマンド名称 内容
taskkill 指定したタスクを停止する
tasklist 実行中のタスク全てを表示する
telnet TELNETサーバに接続してファイルの操作を行う
tftp TFTPを実行しているコンピュータとファイルの転送を行う
time 時刻の設定・表示をする
title コマンドプロンプトウィンドウのタイトルバーを編集する
tracert 指定先とのネットワーク経路を調べる
tree ディレクトリの構造をツリー形式で表示する
type ファイルの中身を表示する
typeperf パフォーマンス カウンタ データをコマンド ウィンドウに表示する

V
コマンド名称 内容
ver バージョン情報を表示する
verify べリファイ機能(正常動作確認機能)を設定する
vol ボリュームラベルとシリアル番号を表示する
vssadmin ボリューム シャドウ コピーを管理する

X
コマンド名称 内容
xcopy サブディレクトリを含めてコピーする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。