ファイル名やディレクトリの補完

WindowsXP、Windows2003ではデフォルトで有効で、[Tab]キーに割り当てられている。
(レジストリを変更することで他のキーへ割り当てることも可能

2000ではコマンド・プロンプト起動時に「/f:on」を有効にして起動する。

ファイル名やディレクトリの補完

このように起動することで、ファイル名、ディレクトリの補完機能に[Ctrl]+[F]、
ディレクトリの補完機能に[Ctrl]+[D]が割り当てられる。

また、XPでも「/f:on」を有効にして起動すると、[Tab]ではなく、

[Ctrl]+[F]、[Ctrl]+[D]に割り当てられる。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。