コマンドプロンプトの編集機能

キー 機能
[←] カーソルを1つ左へ移動
[→] カーソルを1つ右へ移動。
空行の時は、直前の行のカーソル位置から1文字だけ呼び出して、カーソルを1つ右へ移動
[Ctrl]+[←] 語単位でカーソルを右へ移動
[Ctrl]+[→] 語単位でカーソルを左へ移動
[↑] コマンド履歴を逆順に表示(先頭に到達するまで)
[↓] コマンド履歴を順番に表示(最後に到達するまで)
[Backspace] カーソル左側の文字を1文字だけ削除して、カーソルを1つ左へ移動
[Insert] 上書きモードと挿入モードの切り替え
[Delete] カーソル位置の文字を1文字だけ削除
[Home] カーソルを行の先頭へ移動
[End] カーソルを行末へ移動
[Ctrl]+[Home] 行の先頭からカーソル位置までを削除
[Ctrl]+[End] カーソル位置から行末までを削除
[PageUp] コマンド履歴の先頭のものを表示
[PageDown] コマンド履歴の最後のものを表示
[Esc] 入力をすべてキャンセルしてカーソルを先頭へ移動
[F1] [→]キーと同じ
[F2] 指定した文字([F2]キーに続いて入力する)の直前までコピー
[F3] 直前の行をすべてコピーして、カーソルを行末へ移動
[F4] カーソル位置から指定した文字([F4]キーに続いて入力する)の直前までを削除
[F5] [↑]キーと同じ
[F6] EOF(Control-Z)を入力
[F7] コマンド履歴ウィンドウをポップアップ表示する。
[↑]、[↓]キーでコマンド履歴を選択して、[←]、[→]キーを押すとそのコマンドが入力され、リターン キーを押すとそのコマンドが入力、実行される
[F8] カーソルが行の先頭にあるときは、全コマンド履歴を順番に表示する。
コマンド履歴からカーソルの左側部分に一致するものを選び、順番に表示する。
[F9] 指定した履歴番号のコマンドを入力。
番号を入力してからリターン キーを押すとコマンドが入力される
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。