xcopy

書式
xcopy 送り側 [受け側] [オプション]

説明
ファイルとディレクトリツリーをコピーする。

パラメータ
送り側 コピーするファイル (複数可) を指定する。
受け側 新しいファイルの位置や名前を指定する。
省略した場合はカレントディレクトリが指定される。

オプション 意味
/a アーカイブ属性のファイルのみをコピーし、属性は変更しない。
/m アーカイブ属性のファイルのみをコピーし、アーカイブ属性を解除する。
/d:月-日-年 指定された日付以降に変更されたファイルをコピーする。
日付が指定されなかったときは、送り側の日付が受け側の日付より新しいファイルだけをコピーする。
/exclude:ファイル1[+ファイル2]... 文字列を含むファイルの一覧を指定する。文字列が絶対パスの一部と一致した場合、そのファイルはコピーから除外される。
/p 受け側のファイルを作成する前に確認のメッセージを表示する。
/s 空の場合を除いて、ディレクトリとサブディレクトリをコピーする。
/e ディレクトリまたはサブディレクトリが空の場合もコピーする。
/v 書き込んだ各ファイルを検証する。
/w キー入力があるまでコピー開始を待ちます。
/c 処理中にエラーが発生してもコピーを続ける。
/i 受け側がなく複数のファイルをコピーする場合に受け側をディレクトリとしてコピーする。
/q コピー中ファイル名を表示しない。
/f コピー中送り側と受け側の全ファイル名を表示する。
/l コピーされるファイル名を表示する。実際のコピーは行われない。
/g 暗号化をサポートしない受け側に、暗号化されたファイルをコピーすることを許可する。
/h 隠しファイルやシステムファイルもコピーする。
/r 読み取り専用ファイルを上書きします。
/t ファイルはコピーせずにディレクトリのみを作成する。ディレクトリまたはサブディレクトリが空の場合は除く。/eと使用すればディレクトリやサブディレクトリが空でも作成される。
/u 受け側に既に存在するファイルだけをコピーする。
/k 属性をコピーする。通常のxcopyは読み取り専用属性を変更する。
/n 生成された短い名前を使用してコピーする。
/o ファイルの所有権とACL情報をコピーする。
/x ファイルの監査設定をコピーする(/oを含む)。
/y 受け側の既存のファイルを上書きする前に確認のメッセージを表示しない。
/-y 受け側の既存のファイルを上書きする前に確認のメッセージを表示する。
/z 再起動可能モードでネットワークファイルをコピーする。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。