at

書式
@at [\\コンピュータ名]
Aat [\\コンピュータ名] 時刻 [/interactive] [ /every:日付[,...] | /next:日付[,...]] "コマンド"
Bat [\\コンピュータ名] [id] /delete [/yes]

説明
@設定されているスケジュールを一覧表示する。
A指定された日時にコマンドとプログラムがコンピュータで実行されるようにスケジュールする。
B設定されているスケジュールを削除する。

ATコマンドを使用するには、Scheduleサービスが実行中でなければならない。

パラメータ 意味
\\コンピュータ名 リモートコンピュータを指定する。省略した場合はローカルコンピュータで実行する。
id スケジュールされたコマンドに割り当てられた識別番号
時刻 コマンドを実行する時刻を指定する。
/interactive ジョブの実行中、ユーザーのデスクトップの処理を許可する。
/every:日付[,...] 毎日指定した曜日または毎月指定した日にコマンドを実行する。
日付を省略したときは、その月の今日の日付が使用される。
日付:M T W TH F SA SU 1〜31
/next:日付[,...] 指定したコマンドが指定した日付に一度だけ実行されます。
"コマンド" 実行するコマンドを指定する。
/delete スケジュールされたコマンドを削除する。
idを指定しなかったときは、コンピュータでスケジュールされているすべてのコマンドが削除される。
/yes IDを指定せずに「/delete」を実行した場合に削除の確認メッセージを表示しない。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。