chkdsk

書式
chkdsk [ボリューム[[パス]ファイル名]] [オプション]

説明
ディスクをチェックし、現在の状態を表示する。

パラメータ 意味
ボリューム ドライブ文字 (文字の後にはコロンを付ける)、マウントポイント、ボリューム名を指定する。
ファイル名 FAT/FAT32 のみ: 断片化をチェックするファイルを指定する。
パラメータを省略し、実行した場合はカレントドライブについて実施される。

オプション 意味
/f ディスクのエラーを修復する。ドライブをロックできない場合は、次にコンピュータを再起動したときにドライブを検査するかどうかを確認するメッセージが表示される。
/v ディスクの検査時にすべてのディレクトリの各ファイルの名前を表示する。
/r 不良セクタを見つけ、読み取り可能な情報を回復する。
/x 必要に応じて、まずボリュームのマウントを解除する。ボリュームへ開かれているすべてのハンドルは無効になる。
/i インデックスエントリの簡易確認を実行して、chkdskを実行する時間を短縮する。(NTFS のみ)
/c フォルダ構造内の周期的なチェックをスキップして、chkdskを実行する時間を短縮します。(NTFSのみ)
/l:サイズ ログファイルのサイズを入力したサイズに変更する。サイズ省略時は現在のサイズを表示する。(NTFSのみ)
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。