copy

書式
copy [オプション] [/a | /b]送り側 [/a | /b] [+ 送り側 [/a | /b] [+ ...]] [受け側 [/a | /b]]

説明
1 つまたは複数のファイルを別の場所にコピーする。

パラメータ 意味
送り側 コピーするファイルを指定します。ワイルドカードの使用可能
受け側 新しいファイルのディレクトリまたはファイル名を指定します。

オプション 意味
/d コピーする暗号化ファイルをコピー先で暗号化を解除したファイルとして保存することを許可する。
/v 新しいファイルが正しく書き込まれたか検査する。
/n MS-DOS形式以外の名前のファイルをコピーするときに、利用可能ならば、短いファイル名を使用する。
/y 受け側の既存のファイルを上書きする前に確認のメッセージを表示しない。
/-y 受け側の既存のファイルを上書きする前に確認のメッセージを表示する。
/z ネットワークファイルを再起動可能モードでコピーする。
/a ASCII形式のファイルとして扱う。
/b バイナリファイルとして扱う。

copyでは、長さが 0 バイトのファイルはコピーできない。
これらのファイルをコピーするには、xcopyを使用する。

プラス記号(+)で区切って複数の送り側を指定すると、それらのファイルが単一のファイルに結合される。
送り側でワイルドカード文字 (* または ?) を使って、受け側では単一のファイル名を指定すると、受け側に指定したファイル名で単一のファイルが作成される。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。