more

書式
@more [パラメータ] [<] ファイル名
Aコマンド名 | more [パラメータ]

説明
画面に出力する際に1画面ずつ表示する。

パラメータ 意味
/e 拡張機能を有効にする。
/c ページを表示する前に画面を消去する。
/p フォームフィード文字を展開する。
/s 複数の空白行を1行に縮小する。
/tn タブをn個のスペースに置き換える。 (デフォルトは8)
+n 最初のファイルをn行目から表示する。
ファイル名 表示するファイルを指定する。複数指定する場合はスペースで区切る。

拡張機能が利用できる場合、-- More -- プロンプトで以下のコマンドを使用できる。
P n 次のn行を表示する。
S n 次のn行をスキップする。
F 次のファイルを表示する。
Q 終了する。
= 行番号を表示する。
? ヘルプを表示する。
[Space] 次ページを表示する。
[Enter] 次の行を表示する。

他のコマンドの実行結果を引き継いで画面に表示することが可能。
パイプ(|)を使ってmoreコマンドに引き渡す。(書式A)
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。